ごあいさつ

「じゅんすい堂」は、源実師 純真(じゅんしん)と書家 翠浹(すいしょう)が生み出す「書とデザイン」を融合させた唯一無二のアート作品を販売するお店です。
コンセプトは、言霊(ことだま)とデザインで大和の心をつなぐ【言祝ぐ(ことほぐ) Art】。「言祝ぐ」(寿ぐ)とは「おめでたいこと」を祝う時に使う大和言葉です。「言葉でお祝いする」という意味から、現代では縁起の良い「寿(ことぶき)」を使うようになりました。
じゅんすい堂の作品は、人間の無限なる能力の復活とすべての存在が 愛 によってひとつにつながる ワンネス の創造がテーマであり、それは生きとし生けるものすべての生命や森羅万象に対する祝福でもあります。 日本はその昔「大和の国」と呼ばれ、使われていた言葉は「言霊」として生命の源の力を宿していました。そして、言霊はデザイン(美意識)によって効力が何倍にも発揮されます。
デザインや美意識というと難しく思われるかもしれませんが、やさしく言えば「使い方」です。「言葉」は「言刃」、言葉は刃物のようなもの。包丁という刃物で美味しいお料理をつくり人を幸せにすることもできれば、人を傷つける凶器となり不幸にもするように、使い方で変わるのです。
じゅんすい堂では、そうした「言葉」本来の力を〈言霊〉と〈デザイン〉と〈色彩〉+αの独自の技法により融合させ、尊いご縁によって購入されたお一人お一人 の人生や生活に 幸(さち)運び、祝福された運命へと好転することを願い制作しております。

書家 翠浹(すいしょう) 
【書・Art Direction】

和の国・日本の美しい言葉(言霊)を世界へ届けたい

日本語には「ありがとう」「頂きます」「お陰様」などの美しく、奥ゆかしい日本古来の大和魂が根付いた言葉が沢山あります。近代化によって失われつつある日本本来の誇るべき精神をあらわす、これら「大和言葉」を、書とデザインを融合させた唯一無二のアート作品として制作し、世界に向けて発信してゆきたい。それが、じゅんすい堂の使命です。

また、じゅんすい堂のアート作品は、【お部屋につくる〈パワースポット〉】をコンセプトに、ご購入頂いた皆様の人生に幸(さち)運ぶ運命好転のアイテムとして、真心を込めてひとつひとつ丁寧に制作させて頂いております。

人生はご縁の賜(たまもの)、こうして出会えたことに心より感謝し、皆様お一人お一人に幸多きことを願って…

略歴

  • 祖父の代から親子三代書家として活動
  • 母の英才教育の元、3歳から筆を持つ
  • 書家を志し、書道界で名門・大東文化大学文学部中国文学科を卒業
    (中学校・高等学校『書道科』『国語科』の教員免許取得)
  • 東京都内8箇所で「くらしの美文字」をテーマに書道講師経験あり
  • 現在、源実師 純真のプロデュースの元 雅号を『翠浹(すいしょう)』と改名
  • すいしょうの言霊は「水晶」。曇りなき眼で「書と言霊」を通して作品を制作販売している
  • 1児の母(子育てをしながら、創作活動を行なっている)

主な受賞歴

  • 母の熱心な指導のお陰様で幼少期から書道展で数多く受賞し、小5の時日本書作研究連盟書き初め展において「文部科学大臣賞」受賞(首位)
  • 日本書作研究連盟書き初め展「毎日新聞準大賞」受賞
  • 大東文化大学全国書道展「学長賞」2回受賞
  • 大学1年生から6年間、日本芸術院賞受賞・髙木聖雨氏に師事し、20歳の時読売書法展初入選を果たす(現在は門下を離れている)
  • 母(福元渓翠)の指導の元、日本書作研究連盟教育部師範取得

源実師 純真(じゅんしん) 
【企画・詩(言霊)・Produce】

30年以上にわたり心理学・哲学・古神道・宗教・スピリチュアル等を学び「真理」を読み解くために、延べ1万人を超える対面セッションを実施。理論や観念に偏りがちな業界において現実的かつ実践的に真理を実感し、自己実現に役立つ方法論を確立。 その集大成として人間や空間そのものをパワースポット化する独自の〈ワンネスアート〉の開発及び普及に努める。

源実師について

源実(げんじつ)の言霊は〈現実〉〈言実〉である。言霊(げんれい)とは〈現実の源〉であり、人間の命の源が魂であるように「言葉」に宿る源霊(げんれい)とも言える。一人一人の〈現実〉は当人の意識によって創造されるが、意識とは誕生から現在までに「仕入れた言葉」でもある。すなわち「意識=言葉」であり、〈現実〉とは意識・言葉・言霊が源となって実り現れたものとなる。源実師とは、こうした現実の原理(源理)を解き明かし、魂レベルで真に望む願望実現や運命の好転に役立つ智慧の伝導師である。

環境が人を育てる

※画像をタップすると拡大します。

お客様の声

※画像をタップすると拡大します。

よくある質問

※画像をタップすると拡大します。

レンタルプランについて